ブルービズネット

小さな会社こそエコブランド戦略が大切だ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

持続可能という観点から着想した「ブルーエコノミー」と呼ばれる経済モデルが注目されています。

環境との共生を重視する価値観、経済モデルが世界的に広がり、街まるごとひとつ全体から省エネを考えるスマートシティー、再生可能エネルギーの普及などサスティナブルな社会に向けて、社会が大きく変化しています。

そして、消費者、ユーザーは、環境に配慮した企業の商品やサービスを選ぶ時代になっています。

環境貢献活動やCSRに取り組む大手企業は少なくありませんが、中小企業も環境に配慮した企業理念や取り組み、また、外部に情報発信していくことが、経営にとって極めて大切になっていると言えます。

当サイトでは環境経営をいかに事業に取り入れ、そして、その取り組みを外部に発信していくか、自社のブランド価値をいかに高めていくかを探ってまいります。